【オンラインセミナー】第1回 広報基礎講座を開催しました

新経済連盟(以下「当連盟」)は、8月26日、第1回 広報基礎講座を開催し、100名を超える方にご参加いただきました。

企業において広報活動の重要性が高まる中、戦略的に広報活動を考えていくということが、当連盟の団体価値の向上にとっても極めて重要と考えています。
また、メディアから、コロナをきっかけにして始められた会員企業の新サービスなど会員企業の取り組みに関する問い合わせを受けることがよくあります。この講座が、会員企業の広報担当者と当連盟が気軽にコミュニケーションを取ることができるきっかけになればとの思いで開催しました。

講師には、日頃より当連盟の広報戦略や取材対応、メディアリレーションなど多面にわたり広報活動に関するアドバイスをいただいているリエゾン株式会社 代表取締役の笠下清二様をお招きし、広報の職務に就いて間もない方等に向けて広報業務全般について広く説明されました。第1回の内容は、そもそも広報の仕事とは何か、メディアアプローチの方法、広報担当者として心掛けることなどです。
参加者の皆さんからも、時間いっぱいまで日頃の広報活動における課題や悩み、迷いなどについてご質問いただき、講師からも事例を交えながら答えていただいたことで一層理解が深まりました。同職種の皆さんの中で課題等を横展開できたことが当連盟としても非常に良かったことと捉えています。

この講座はシリーズでの開催を予定しており、今後は、例えば、メディアリレーションについて、プレスリリースの書き方についてなど各回のテーマを詳しく基礎を解説いただく予定です。(第2回のお申込みはこちら) 
また、時には別の広報スペシャリストをお招きし、ご登壇いただきたいと考えており、第3回以降にご登壇いただく予定の小西みさを様(ASTORY合同会社、代表)にもご挨拶いただきました。

  

第2回のお申込みはこちら

提言・ニュース