第2回ブロックチェーン官民推進会合を開催

一般社団法人 新経済連盟(所在地:東京都港区、代表理事:三木谷 浩史、以下「新経連」)は、内閣官房IT総合戦略室とともに2020年10月29日、第2回ブロックチェーン官民推進会合(以下「BC官民推進会合」)を開催しました。

第2回目となる今回は、自己主権型アイデンティティ(SSI)の思想と、技術としての分散型アイデンティティ(DID)に関して、位置づけや適用例、海外動向を踏まえた検討課題等のプレゼンが行われ、構成員の皆様から活発なご意見をいただきました。

併せて、関連する政府内の動きとして、内閣官房デジタル市場競争本部よりTrusted Web推進協議会での議論の方向性についても紹介がありました。

新経連は、ブロックチェーンの活用を含むデジタル変革の実現に向けて、官民連携の架け橋となれるよう活動してまいります。

※当日の参加はオブザーバー(新経連会員企業など)および関係者限定としております。
BC官民推進会合の概要や構成員についてはこちら

■第2回BC官民推進会合テーマ
分散型ID関連ヒアリング
・富士榮 尚寛氏(一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン 理事)
・吉村 慧氏(NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)
・佐野 究一郎 氏(内閣官房デジタル市場競争本部事務局 参事官)
・三島 一祥氏(合同会社Keychain 共同創業者兼COO)

詳細は説明資料をご覧ください。

資料1 第2回ブロックチェーンに関する官民推進会合について(事務局資料)
資料2-1 一般社団法人OpenIDファウンデーション・ジャパン資料
資料2-2 株式会社野村総合研究所/NRIセキュアテクノロジーズ株式会社資料
資料2-3 内閣官房デジタル市場競争本部事務局資料
資料2-4 合同会社Keychain資料
資料3 今後のスケジュール

提言・ニュース