【会員セミナー】ソーシャルイノベーション研究会(第1回)

概要

■推奨部署
新規事業(特に社会的課題解決に向けてのもの)企画部門
社会的事業・社会的起業支援関係部門
CSR/CSV関係部門

■ご参加のメリット  
・社会的事業・社会的起業促進のためのエコシステム形成に向け、政策を共に考えていくことができます
・社会課題の解決・SDGsの実現に向けたテクノロジーの活用についてヒントを得るきっかけとなります
・今後継続的に社外とのつながりを得ることができます

■セミナーの流れ
・多摩大学社会的投資研究所様からの講演
・質疑応答・意見交換

 

日時・場所

  • イベント名:【会員セミナー】ソーシャルイノベーション研究会(第1回)
  • 開催日時:2019年3月7日(木)17:30-18:30(受付開始17:15)

■会場:
新経済連盟事務局 会議室
(港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワー8階 N811)
※お申込み多数の場合、会場変更になる場合がございます。その場合はメールにてご連絡差し上げます。

詳細

■講師(予定):
多摩大学社会的投資研究所研究員/学習院大学国際センター准教授 小林立明 様

■セミナー開催の背景
【ソーシャルイノベーション研究会について】
人口減少や高齢化など社会課題が多様化・深刻化する中、また、2015年9月の国連での「持続可能な開発のための目標(SDGs)」採択以降、テクノロジーの活用やビジネスを通じて社会課題の解決を目指そうとする動きが広がりつつあります。
一方、そうした取組を行う社会的事業に対し資金提供等の支援を行っていく「ベンチャー・フィランソロピー」や「社会的インパクト投資」が世界的に広がりを見せており、日本国内でもこれらのさらなる促進や、そのためのエコシステム作りが求められています。

こうした中、新経済連盟と多摩大学社会的投資研究所の連携による連続勉強会を開催し、多摩大学側から世界の最新動向等についてご講演を行っていただくと同時に、新経済連盟会員企業からも各企業の取組のご紹介をいただくなど、継続的に議論を深めていく場として、連続的な勉強会を行います。

勉強会は、第1回を皮切りに、今後2か月に一度くらいのペースで開催していくことを想定しており、最終的には、新経済連盟としての提言につなげていきたいと考えています。
ご参加いただく会員企業は、なるべく継続的に勉強会にご参加いただくと共に、どこかで自らの取組についてのご紹介をいただければと考えております。
(第2回以降からの途中参加ももちろん可能ですが、なるべく継続的なご参加をお願いできればと存じます。)

【第1回研究会について】
第1回研究会では、多摩大学社会的投資研究所様より、アメリカでの金融包摂(社会的弱者が金融サービスをより活用できるよう支援)に向けたフィンテック等活用サービスの事例や、そうしたサービスを生み出す社会的事業・社会的起業に対する支援のエコシステム作りの事例についてご紹介いただきます。
その上で、ご参加いただいた会員企業との意見交換を行います。

皆さまの奮ってのご参加をお待ちしております。

■定員:
20名程度(先着順)
  
■参加資格:
一般会員
※1社から複数名でのお申込みが可能です。2名以上の参加申込は、お手数ですが1人分ずつお申込みください。
※なるべく継続的なご参加をお願いいたします。

■参加料:
無料

■申込締め切り:
3月5日(火)まで

■多摩大学社会的投資研究所について
2018年6月、多摩大学研究開発機構付属研究所として設立され、社会的投資に関する調査・研究を実施。新経済連盟は、同研究所の連携機関として、共同での勉強会の実施や、政策提言における連携等を行っていくことを予定しています。

 

イベント/セミナー