【パブコメ】国土交通省の「年末年始及び夏期等繁忙期におけるトラック輸送対策」の一部改正案、について意見を提出しました

2018年12月20日、新経済連盟は国土交通省が意見募集していた「年末年始及び夏期等繁忙期におけるトラック輸送対策」の一部改正案に対し、当連盟の意見を提出しました。
  
※国土交通省の意見募集ページはこちら。
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=155180940&Mode=0
  
【提出意見】
「「年末年始及び夏期等繁忙期におけるトラック輸送対策について」の一部改正案について」に関する意見
  
【提出意見の概要】
  
1.今回の改正案により対象となるのは特定の「繁忙期」に限定されているが、「繁忙期」に該当するかどうかに関わらず需要が上振れする日や時間帯など現に配送力不足が生じている場合には、需要を考慮した上で、道路運送法78条にいう「公共の福祉を確保するためにやむを得ない場合」に該当するとして自家用自動車の有償運送許可を行うこととすべき。
今回の改正案はこうした弾力的な許可に対応できるものではないことから、抜本的な制度改正を行うべき。当該制度改正にあたっては、供給サイド(配送事業者)だけではなく需要サイド(EC事業者、ユーザー等)の実態も十分に踏まえて検討を行うべき。また、制度改正に向けた実証実験等についても実施していくべき。
  
2.一車両ごと90日の上限規制は撤廃すべき。
  
3.様式を統一化し、オンラインでの許可申請を可能とすることにより申請事務の円滑化・効率化を図るべき。
  
4.トラック運送事業者以外の者であっても代理申請が可能である旨を明確化すべき。
  

以上

提言・ニュース