トピックス

政策関連

【パブコメ】公取委「課徴金制度の在り方に関する論点整理」に対して意見を提出しました

公正取引委員会の「課徴金制度の在り方に関する論点整理」に対して、8月31日、新経済連盟としての意見を提出しました。

(参考)「課徴金制度の在り方に関する論点整理」に係る意見募集について
   
   
   
   
【意見概要】
(1)
 いわゆる裁量型課徴金の導入は極めて慎重に検討すべき問題
   
(2)
 課徴金の水準自体は現行の水準を維持すべき。また、少なくとも増額方向の裁量は認められるべきでない。
   
(3)
 裁量型課徴金制度の検討の前提として以下の2点が必須
 ①適正手続の確保、防御権の保障がなされること
 ②裁量による減額の手続・基準に関する明確なガイドラインが策定されること
   
   
   

以上