トピックス

政策関連

就職・採用活動に関する提言を発表しました

3月30日、当連盟内での議論を踏まえ、就職・採用活動に関する提言「新たな時代の就職・採用活動に関する基本的な考え方」を発表しました。
   
   
   
   
■「新たな時代の就職・採用活動に関する基本的な考え方」概要
   
【基本方針】
企業・学生双方におけるより積極的・能動的な就職・採用活動を促進するような、多様で柔軟でフェアな環境づくりが必要。
   
【インターン】
既に大半の学生がインターンを経験するようになっており、また採用活動と直結するものも増加している。採用活動時期を決めてしまえば、インターンまで規制する結果になりかねない。
   
【実学教育】
学生の「学業」には、社会の仕組みや仕事のやり方を学ぶことも含まれるはず。であれば、大学でのインターンの単位化促進や実学教員増員など、教育の場と実社会との連携を促進させる施策が必要。
   
【対面以外の方法】
学生への配慮としては、スカイプ面接・ビデオインタビュー・クラウドインターン・オンラインテストなど、対面以外の選考方法を推進すべき。
   
【一括エントリー】
学生の安易なエントリーや企業の膨大なコストを生む一括エントリーは弊害の方が大きい。それに代わるものとして、SNSを用いたダイレクト・リクルーティングやAI・ビッグデータを用いた科学的採用など、学生・企業の双方が積極的・能動的に動くことのできる方法を促進すべき。
   
【総括】
就職・採用活動はそれ自体だけではなく、欧米の例も踏まえながら、実学教育の充実やジョブ型雇用への移行など、教育・雇用システム全体まで視野に入れた検討が必要。
   
   

以上