トピックス

会員セミナー

10月5日、会員セミナー「ディスクロージャーワーキング・グループ報告(金融庁)に関する勉強会」を開催しました

10月5日、「ディスクロージャーワーキング・グループ報告」に関して、金融庁担当者の方々をお招きして、勉強会を開催しました。
 
 
本年6月の終わりに、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」の報告が公表され、企業情報のディスクロージャーのあり方が示されました。
 
経営環境の変化のスピードが上がり経営上の課題も多様化する中、企業情報の開示は投資判断の基礎にもなるため、必要とされる情報を正確にわかりやすく提供することが求められています。
 
このたびの審議会の報告は、このような環境の変化をふまえ、企業情報の開示・提供のあり方について様々な視点から検討されたものになります。
 
企業情報開示の充実が投資家の判断基準の充実にもつながる現状をふまえ、企業と投資家が議論できるような環境を向上させたいとの問題意識のもとで、このたびの報告書を取りまとめたそうです。
 
【ご参考】
◯「ディスクロージャーワーキング・グループ」の報告
 
当日は、経営戦略や表・図の挿入など分かりやすい開示等に関する「記述情報」の充実や、経営者のインセンティブに関わる役員報酬に係る情報、さらには提供情報の信頼性向上のための監査人監査の評価や継続監査期間の記載など、様々なポイントに触れながら今回の報告の概要について、ご担当者様よりご説明いただきました。
 
今回お集まりいただいた会員の皆様、金融庁の方々、本当にありがとうございました。
  
  

以上