トピックス

お知らせ

【NEST2017】ピッチイベント登壇者紹介: 始動 Next Innovator 2016 (経済産業省)


日本初の新企画ピッチイベントとして今年のNESTの場で展開する「NEST STARTUP CHALLENGE」。
公募を通して集められた複数のスタートアップが登壇してプレゼンテーションを競う一般的なピッチイベントとは異なり、政府、地方自治体、民間、海外から代表的な「エコシステムビルダー」11社がNESTに集結、それぞれが推薦するスタートアップとともに登壇します!
   
登壇するエコシステムビルダーに焦点を当て、彼らのスタートアップ支援における志や想いについて紹介するインタビューシリーズ、今回は、安倍首相が発表した「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」の第1弾、「始動 Next Innovator 2016」。国を挙げてのスタートアップ支援について、経済産業省 経済産業政策局 新規産業室 新規事業調整官、石井芳明氏にお話を伺いました。
   
「始動 Next Innovator 2016」が目指すスタートアップエコシステムとは?
   
2015年4月30日、歴代首相として初めてシリコンバレーを訪問した安倍首相は、人材の架け橋、企業の架け橋、機会の架け橋の3つから成る「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を発表しました。
   
「始動 Next Innovator 2016」は、その一環として、日本のイノベーションを担うキーパーソンの育成を目指しています。事業経験を有する若手起業家やベンチャー支援人材、大企業で新事業開発を担う人材等を公募・選抜し、国内研修をした上で、優秀な人材をさらに選考してシリコンバレーに派遣し、現地でのベンチャーエコシステムの中でイノベーション創出の力を磨いてもらおうというプロジェクトです。
   
プログラムの参加者は、自らのテーマとする革新的な事業計画(ビジネスプラン)を持ち寄り、半年間の国内プログラムを通じて、イノベーターに不可欠なマインドセット、スキルセット、計画を実現する力を養成します。国内プログラムの成果によって20人を選考し、シリコンバレーへ派遣。現地では、現地起業家やベンチャーキャピタルとの対話により、先端のイノベーションのスピードとパワーを「体得」します。国内研修で磨いた事業計画をシリコンバレーで現実に活躍中のプレーヤーにぶつけることで、イノベーターとしての実践力を身につけます。
   
活力ある日本経済を築くためには、既存プレーヤーの設備投資や生産性の向上だけでは不十分です。まったく新しいビジネスモデルや先端的な技術で市場に参入し、経済社会や産業構造全体に大きなインパクトを与える、ダイナミックなベンチャーと新事業を連続的に生み出していくことが必要となっています。
   
Thinker(考える人)からDoer(行動する人)へ。グローバルに通用するイノベーターの集団を拡大し、その力で日本経済を活性化します。
   
今回、推薦するスタートアップについて教えてください。
   
今回、「始動 Next Innovator 2016」のシリコンバレー派遣メンバーに選定されましたG-TAC株式会社の植松正太郎氏を推薦させていただきます。
同社は、「ゲノム」と「医師の知見」を組み合わせることで、がんの早期スクリーニングやゲノムの違いによる疾患リスク判定を行い、どこでも、だれでも、その人に合った最適な医療サービスを提供するプラットフォームを形成しています。この医療のプラットフォームを活用することで、ゲノム医療を様々な方にアクセスし易いものとし、既存の医療構造に変革をもたらします。
知識や技能はもとより、行動するためのマインドセット、人を巻き込んでプロジェクトを実現する力を備えた次世代のイノベーションの担い手である「始動メンバー」の代表として、医療の革新を目指す彼の活躍に期待しています。
   
NEST2017での登壇を通してオーディエンス、そして社会に伝えたいことは?
   
今、IoT、ビックデータ、AIなど、技術の飛躍的な進展によって、ビジネスや社会の在り方が大きく変わろうとしています。まさに「第四次産業革命」の到来です。新しい技術やサービスによって人々の生活を豊かにする。ベンチャー企業や既存企業の新事業がこの変革を牽引することが必要になっています。
   
そういった社会を構築するためには、次世代のイノベーターの存在が必要不可欠です。
「始動 Next Innovator 2016」の参加者をはじめ、今回登壇する方々のように信念を持って果敢に挑戦し新しい境地を切り開く人材のコミュニティが形成されることで、「日本のイノベーション」が更に力強く進んでいくことを期待しています。
   
   
   
   
「始動 Next Innovator 2016」について
   
ピッチイベント「NEST STARTUP CHALLENGE」について
   
企画プロデューサー奥田氏のインタビュー記事はこちら
   
<エコシステムビルダーへのインタビュー>
Osaka Innovation Hub (OIH)  http://jane.or.jp/topic/detail?topic_id=596 
Infinity Ventures Summit  http://jane.or.jp/topic/detail?topic_id=601 
Morning Pitch (トーマツベンチャーサポート)  http://www.jane.or.jp/topic/detail?topic_id=603
   
   
   
   

以上