トピックス

プロジェクトチーム

新たな働き方研究WGのレポートを発表しました

12月28日、「パートナーシップ型新たな働き方研究WG」での議論を踏まえ、研究レポートを発表しました。   
   
   

   
   
■概要
1人1人の力が最大限に発揮される新たな働き方が求められる中で、
組織・個人・社会インフラにおいて起きつつある変化について考察。
   
<新たな形の組織>
パートナーシップ型:
・個人の職務内容は明確(ジョブ型)
・多様な人材 X 多様な働き方で構成(ダイバーシティ)
・外部人材・スキルの活発な調達(人材・スキルのシェアリング)
・プロジェクトベースのアドホックなチーム形成が活発
   
<個人にとっての新たな働き方>
・例①パラレルワーカー(複業)
・例②クラウドソーシング
   
<組織と個人の新たな関係>
・「自立した個人と組織」の関係性
・業務内容や労働条件は双方の合意(契約)で決定
・「職務給」「成果給」
 業務に対して人・賃金を設定
 成果を基本にした賃金
    
<今後必要となる環境整備>
・タレントマネジメントシステムの構築
・ジョブ・ディスクリプションの一般化・標準化
・新たなサービス・技術の活用(HR Tech、ブロックチェーン)
   
    
   

以上